水のトラブルの修理費用は誰が負担するのか

水のトラブルを修理するときの費用は簡単なものでは1万円程度になる場合もありますが、状況によって非常に高額になることもあり、誰がそれを支払うのか問題になります。自己所有している戸建て住宅の場合、全てが自分で占有しているものになるので水のトラブルの原因が老朽化でも過失でも自己負担です。対応方法に制約はないので修理だけでなく壊れた水道設備を利便性の高い機能のものに交換するなど、自由な対応も可能です。集合住宅などとは異なり、定期点検を勝手に行ってくれるわけではないため知らない間に老朽化している場合もあるため、面倒でも大きな被害を未然に防ぐために点検を心掛けると良いでしょう。

賃貸住宅の場合には水のトラブルの原因に過失があるかが焦点になり、通常の使用で発生するものなら家主、過失があれば住人の負担になります。老朽化でも稀に家主が支払わないことがあるので、後から揉めないように入居する前に負担する条件がどのようになっているのか問い合わせ、意識を合わせておくと安心です。自己所有の集合住宅の場合は占有部は戸建てと同様であり、共有部は管理会社の負担です。所有しているものでも、全てが自分の責任になるものではないため、水のトラブルに気が付いたときには管理会社に連絡して任せても良いでしょう。

また、保険の中には水のトラブルで被害を受けたときに補償される特約が付いているものがあり、加入していれば軽減できることがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です