キッチンの水のトラブルに遭遇した場合には

家の中でもキッチンは利用頻度の高いゾーンです。そのため水のトラブルにも遭遇しやすいとも言えます。キッチンで最もよく発生するトラブルの1つが、排水口の詰まりです。毎日の調理の際に出る食材カスや食用油が、繰り返し排水口に流れ込むことで、やがて排水パイプに固着して詰まりを引き起こすのです。

そのまま放置しておくと、排水パイプや接続部品等の腐食や劣化が進み、大きな工事が必要になってしまいます。キッチンでは蛇口部分の水のトラブルも珍しくありません。キッチンの蛇口は調理や洗いなどで利用頻度が高いため、経年劣化が進みやすくなるからです。例えばハンドルタイプの蛇口を閉めても、ポタポタと水が漏れ続けのであれば、コマの摩耗が考えられます。

またシングルレバータイプの蛇口から水漏れするのは、カートリッジが劣化しているケースがほとんどです。さらに蛇口の根元から水漏れする場合には、三角パッキンの損耗を疑う必要があります。家のキッチンでこれらの水のトラブルに直面したら、なるべく素早く対応しなければなりません。日々のキッチンでの作業に支障をきたすだけでなく、キッチンそのものを駄目にしてしまうこともあります。

そうなると、結果的に余計な費用もかかってしまいます。もし自分では部品の修理や交換ができないと少しでも感じたら、無理することなく地域の水道修理会社へ相談してみてください。信頼できる会社であれば、親身になって対応してもらえます。トイレ修理のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です