火災保険を使った雨漏り修理

台風や集中豪雨のあとに急に雨漏りが始まってあせったという経験は多くの人がしているのではないでしょうか。雨漏りが起きた場合は、まずは火災保険に加入しているかどうかということを思い出してください。火災保険は火事による災害の時しか使えないイメージがありますが、火災だけではなくて、自然災害による被害にも対応しています。実際の契約内容にもよりますが、多くの場合は、火災以外にも台風や竜巻による災害を補償する風災や雪災、ひょう災などに対しても補償が行われます。

雨漏りという現象自体に保険が適用されるわけではありませんが、その原因が風災や雪災、ひょう災だった場合は補償の対象となるのです。すべての雨漏りに火災保険が適用されるわけではありませんが、せっかく非常時に備えて入っているのですから、被害にあった場合には積極的に利用するよういしましょう。台風や強風などの突風が原因で屋根瓦が破損したり、飛んできた物が原因で外壁が損傷を受けた場合には補償の対象となります。故障の原因の判断には専門的な知識が必要で、個人でどうにかできるものではないので、専門業者に依頼して対応してもらうようにしましょう。

雨漏りの原因を無料で調査して保険が適用された場合のみ修理を行ってくれる業者もたくさんありますし、煩雑な手続きをまるごと引き受けてくれるところもあります。雨水が浸透しているのを見つけたら自分でどうにかしようとせずに、専門業者に任せて合理的に修理を行いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です