雨漏りを保険で直すためには

台風や梅雨の時期の集中豪雨や真夏のゲリラ豪雨のあとに雨漏りを発見してショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。屋根全体の修理になる場合は修理費用がかなりの高額になるので、自分で何とかしようとする人もいますが、素人では原因を特定するのは非常に難しいものです。複合的な要因で起こっていることが多いので、一つの原因を見つけ出して補修をしても、また違う場所から雨水が浸透してくることもあります。トラブルを見つけたら専門の業者に依頼するのが一番です。

専門の業者に雨漏りの原因を調べてもらうことができれば、保険が適用されることもあります。台風や強風で瓦が飛散したり、屋根瓦が崩れたり、飛散してきた物が雨樋や外壁を破壊したことが原因で雨漏りが起こった場合は、火災保険が適用されます。保険が適用されるかどうかは自己判断で決めるものではなく、専門の業者の診断を受ける必要があります。無料で診断をしてくれるところもあるので、被災が疑われる場合は、一度専門業者の診断を受けてみると良いでしょう。

火災保険というと雨漏りと関係ないようにも感じますが、自然災害の被害に対しても対応可能なので、せっかく入っているのですから、修理の際には積極的に利用するようにしましょう。手続きが面倒だという人は面倒な手続きも含めてすべて任せられる業者もあるので、そのようなところを選ぶと良いでしょう。雨漏りを見つけたら自分で何とかしようとせずにすぐに専門の業者に連絡して保険が適用されるかどうかを診断してもらうようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です