雨漏りによる損失、保険適用範囲はどこまでか

雨漏りによる損失は保険の適用になることがあります。主に火災保険による補償です。ただし契約内容によりますし、一定の条件もあります。たとえばそれが台風などの強風による風害によって発生した損失であること、また建物に経年、あるいは地震による劣化がなかったことなとが条件の一例としては挙げられます。

また3年以内に申請することも条件のひとつですから、台風などが通過した後には、必ず一度は建物その周辺を点検することが望ましいです。では雨漏りによる損失は、どこまでの範囲で保険が適用されるのかと言うことについてです。これにはまず風害によって発生した建物の損失、そしてそれにより発生した雨漏りの損失に対する修理費用が挙げられます。たとえば強風で屋根瓦がずれて雨水が室内に滴り落ちてきたと言う場合は、その屋根瓦のずれを補修するための費用に適用させることができると言う具合です。

なおこの場合、20万円以上の修理費用であることが条件となっています。ただ修理のための費用が20万円以下と言うケースは少ないと言われていますし、最近では金額を問わないと言う保険も出てきています。それからもうひとつは、家財に対する補償です。たとえば雨漏りが発生して室内の家財が壊れたりした場合の補償が、これに挙げられます。

ただしこちらに関しても上記した条件を満たしていることが前提であり、なおかつ契約内容によって変わる部分が大きいと言う注意点があります。つまり火災保険の家財補償の部分に契約をしていなかった場合は、これに関しては補償の範囲外であると言うことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です