雨漏りは火災保険の対象外です

大雨が続くと天井から雨が漏れてくるのではないかと心配になるご家庭も多いのではないでしょうか。生活に支障をきたすだけではなく、雨漏りが原因で家財が傷んだり、電化製品が壊れてしまい大きな出費を強いられることもあります。では、そのときに火災保険が適用となるのか存知ですか。火災保険が補償対象とするのは火、雷、風、雪、水などの自然災害によって受けた被害です。

そう考えると雨漏りは水による災害なので補償対象になりそうに思えますが正解ではありません。水による災害とは洪水や土砂崩れなどの自然災害のことを指します。火災保険には「雨、風、砂塵などの吹き込みや漏入による損害は対象外」という項目があり、天井から雨が漏れてきただけでは補償されないのが通常です。雨が漏れてきた原因の多くは建物が古くなり老朽化したことによるもので、自然災害ではないとされているからです。

しかしながら、全ての雨漏りが補償されないというわけでもありません。例えば台風で屋根が破損したために雨が漏れてきた場合などは補償の対象になります。水害ではなく風による災害、風災となるからです。ただし、台風が原因であっても時間がたてば立証しにくくなるので、すぐに保険を申請することが大切です。

このように雨漏りによる被害が補償されるかどうかは原因次第です。原因が特定できないときは保険会社に相談することが必要です。また、雨漏りに対しては補償を心配するよりも予防することが何よりも重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です