保険を使って雨漏り修理ができる場合とできない場合

雨漏り修理に保険を使うことができるということを知っていますか。家を新築した時や中古住宅を購入した時に、火災保険に入っているという人は、雨漏りの修理費用の全部または一部を保険で賄うことができる可能性があります。火災保険には、火事による建物の損傷の他に、自然災害による建物の損傷が含まれていることが多く、自然災害による建物の損傷の中に風災という項目が入っているプランに加入していると、風による屋根の破損を修理することができるのです。雨漏り修理ができる場合は、台風や強風のために、屋根や瓦が飛ばされてしまったときやめくれてしまった場合、風で亀裂が入ったり、割れてしまった場合など、風が原因で屋根が破損した場合です。

逆に、修理ができない場合は、屋根が古くなって経年劣化していることによる破損や人為的な破損、風以外の原因による破損の場合で、雨漏りしているからといって、どんな場合でも適用されるわけではないので注意が必要です。古い家は、屋根も古くなっていて経年劣化していることが多いため、審査が通らないのではないかと心配になるかもしれませんが、古くても、風が原因で屋根が破損した場合には、直すことができます。古い屋根の風で破損した部分だけを直すことは不自然なので、全部を直してしまった場合には、補償内容にもよりますが、風で破損した部分にだけ適用される場合があるので、直接保険会社に連絡をして、確認してみるとよいでしょう。排水管つまりのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です