単水栓の蛇口の先からの水漏れ修理

単水栓の蛇口の先から水漏れが起きている場合の修理は、それほど難しくはありません。様々な種類のある蛇口の中でも単水栓はとてもシンプルなつくりになっており、修理をする際の手順も複雑ではないため、ほとんど知識がない人でも無理なく直せる可能性大です。見よう見まねでできますので、同じタイプの蛇口の修理を実践している動画を探して、一つずつ手順を確認しながら行いましょう。最初の手順として、上部にはめられているカラービスを外します。

カラービスを手で取り外せない時には、モンキーレンチを使います。モンキーレンチは水漏れ修理でしばしば使用する工具であり、様々な作業で役立つものです。ナットが外れたらハンドルも取り外せる状態になるので、そのまま取り外しましょう。外カバー・三角パッキン・スピンドルを取り除いたら新しいケレップに交換して、外した時とは逆の手順で部品を元に戻していきます。

元に戻す時にはナットをしっかりと締めて水漏れしように注意する必要があります。このように簡単な手順で直せますので、水道の仕組みに関して詳しくなくても自分で対処できるはずです。この程度の作業でも非常に時間がかかったり、途中で分からなくなって断念した場合には、最初から業者に依頼して全て任せてしまった方が安心です。業者に依頼すればお金はかかりますが、その分スピーディーに直せますし、トラブルが発生している場所を正確に見極めることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です