蛇口からの水漏れ修理では工具が必要

蛇口からの水漏れを自力で行いたい時には、必要に応じていくつかの工具を調達しましょう。普段は使わないような工具が必要となるケースも多く、無いと進まないこともあります。一般的に修理でよく使われるのはモンキーレンチであり、水栓本体や固定ナットを締め直す時に使用します。現在色々なタイプの蛇口がありますので、問題ない対応できるように可変域の広いものを準備しておくのが安心です。

モンキーレンチは水漏れ修理でもっともよく使う工具の一つであり、無いと困るシーンが多いかもしれません。ドライバーはプラスとマイナスの両方を持ってくのが安心です。水栓の種類によってはネジで固定されているものもありますので、プラスドライバーがあると便利です。マイナスドライバーは、止水栓を閉めたりカウンタータイプの水栓を修理する時に使用します。

蛇口と壁面の間から水漏れしている時に必要になるのはシールテープですが、強度が重要ですので十分な強度があって劣化しにくいものを選ぶと良いでしょう。カウンタータイプの水栓の種類によっては六角レンチも必要となり、複数のサイズを取り揃えている人もいます。排水管内を掃除する時に使うブラシもあると良いですし、修理をしている時に周りが水浸しになるのを防ぐためにバケツやタオルも用意しておくことが大切です。これらの道具が全て必要になるわけではありませんが、どの部分でトラブルが起きるかは分かりませんので、なるべく多くの種類を揃えておく必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です