自分でできる蛇口からの水漏れ修理

自分で蛇口からの水漏れ修理を行おうとしているのなら、原因として多いパターンを覚えておくと便利です。主な原因はパッキンやカートリッジの劣化であり、蛇口内にはいくつものパッキンが使用されています。その問題が発生しているパッキンの種類によって水漏れの発生場所は異なり、外側から見て原因が分からない時には蛇口を分解して確かめることになります。場所を特定できたら、その部分のみの部品を分解して新品のパッキンに交換したら修理は終了です。

シングルレバーの場合には、パッキンではなく内部カートリッジを交換することで直します。実際にどのようなパッキンが使用されているかは、部品を取り外してみないと分かりません。しかし、本格的に作業に入ってしまうと途中で中断するのは大変ですので、作業に入る前に交換用のパッキンを用意しておくことが大切です。製品によって使用されている部品が異なり、サイズや形状も様々です。

取り外してみても分からない時には、ホームセンターに持参すると良いでしょう。大抵はホームセンターで入手できるものであり、店員なら交換用の部品を正しく選べます。部品を用意できたら、それぞれの蛇口の形状に合わせた修理方法を、動画等で確認しながら進めます。既に知識がある人はそのまま進めても良いのですが、取り外した部品は無くさないように分かりやすい場所に保管しておくことが重要です。

簡単な部品の交換で、ほとんどの水漏れは直せます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です