蛇口からの水漏れを修理するのに使う道具

蛇口からの水漏れを自分で修理する場合には、手順を覚えておくだけでなくいくつかの工具も必要です。工具には様々な種類がありますが、蛇口の種類や水漏れの症状によって必要なものが違ってきます。一通りのものと交換用の部品を揃えておけば、急な水漏れが発生しても慌てて業者を呼ぶ必要がありませんし、早朝や深夜といった営業時間外に起きた時でも迅速に対応できます。特に一度経験したトラブルなら、二回目からはスムーズに直せるはずです。

蛇口の修理に使用する工具ですが、モンキーレンチはよく使うので、一つは用意しておくと良さそうです。ナットやボルトを締めたり緩めたりする時に使うアイテムであり、スパナでも代用できます。ただし、スパナではサイズに応じて調節ができないためにボルトやナットにダメージを与えてしまう恐れがありますので、やはりモンキーレンチを用意しておくことをお勧めします。精密ドライバーもよく使う工具の一つであり、ネジを回す作業が必要になる場合に使う種類です。

ハンドルの形状やネジの大きさによって使用するものが異なるため、プラス・マイナス共に一本ずつあると便利です。修理の際には小さなパーツを取り扱うことも多いので、ピンセットがあると重宝します。特に蛇口内部にあるパッキンやナットを拾い上げる時にピンセットがないと上手くいかないことも多いので、細かな作業が得意でない人は用意しておくのが無難です。水栓レンチは蛇口自体を取り外す時に使う専用の工具であり、壁の間から漏水している時に必要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です