蛇口からの水漏れの修理をする

住まいに関連した悩みごとはいろいろとありますが、洗面所や台所などの水回りの故障などはそのひとつといえます。特に水回りは生活のなかでも頻繁に使用することになりますので、それだけ設備の部品が劣化しやすいことは想像がつくはずです。蛇口から水漏れがするなどは典型的なものであり、場合によっては家庭で修理することができることがあります。蛇口からの水漏れのなかでも、蛇口を閉じたのにもかかわらず先端から水滴が出てきている場合は、内部のパッキンが劣化しているおそれがあります。

蛇口をひねるたびにパッキンには摩擦が生じていますし、材質がゴムのために年月が経過すればもろくなってしまうのも致し方ないところです。蛇口からの水漏れがパッキンの劣化が原因であれば、ホームセンターなどで販売されている予備のパッキンを購入して交換することになりますが、これはドライバーやレンチなどの工具があれば、家庭でも十分に修理が可能です。水道にはいくつかの口径がありますので、パッキンの購入の際には口径を間違わないように注意をする必要がありますが、それさえ注意していればそれほど修理は困難なことではありません。しかしもしも自力での修理が難しいようであれば、専門の修理会社に依頼をするのが得策です。

その際には自宅までスタッフが出張して現場を確認してもらえるところを選ぶのがよいでしょう。水漏れの原因がほかにある場合もありえますので、専門家の意見はたいへん有用です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です