蛇口からの水漏れを修理する時の注意点

蛇口からの水漏れを修理する時には、正しい手順で行うことが大切です。もちろん交換する部品もきちんと合ったものでなければ不具合は直りませんので、現在ついている部品を確認してから購入することをお勧めします。同じようなパッキンであっても非常に多くの種類があり、中にはメーカーから直接購入しないと入手できないものもあるようです。入手な困難なタイプの部品が使用されている時には、トラブルが発生した時のことを考えて交換用のものをいくつか用意しておくのが安心です。

取り寄せ品でない場合でも、発生してからホームセンターに買いに行くと時間がかかります。水漏れの修理で多いのがパッキンの交換であり、パッキンの摩耗はどこのご家庭でも起こります。蛇口を日々使っているうちにレバーやハンドルを強く締めすぎることで起こるのですが、修理を終えた後でもポタポタと垂れてくることが少なくありません。この水漏れの原因は、パッキンを上手く設置できていないことにあります。

上手くはまっているように見えてもずれていることがありますし、向きが決められているものもあるため、慎重に取り付けることが大切です。簡単に直せる水漏れ修理として蛇口のナットの緩みを締め直す方法がありますが、どの程度の力で締めたら良いのかが分からず力を入れ過ぎてしまうケースもあります。力を入れ過ぎると部品を傷めてしまい、新たなトラブルを引き起こすこともありますので注意しなければなりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です