蛇口のパイプの付け根から漏れ出る場合の修理

蛇口のパイプ付け根から水漏れが発生していると、少し難しい修理が必要な気がしてしまいますが、実際には簡単な手順で直せることも多々あります。もっとも簡単なのは付け根部分のナットが緩んでいるケースで、締め直すだけで解決できます。修理と呼べるほどの作業ではありませんし、簡単に確かめられますので、原因が分からない時にはまずは締め直してみましょう。この時、力を入れ過ぎると部品を傷める可能性があるため、力加減には注意が必要です。

しっかりと締まっていれば、次に考えられるのがパッキン・リングの劣化です。付け根部分から水が漏れ出るケースはよくあることですので、修理の手順を学んでおくことをお勧めします。最初に蛇口のパイプ付け根にあるナットを緩め、パイプを本体から外します。外れたらパイプのナットを移動させて、パッキン・リングを付け替えたら、外していった部品を逆の手順で戻せば完了です。

初めての修理では部品を戻す時に戸惑うことも多いので、外した順番に並べておくと良いかもしれません。細かな部品があれば、無くさないようにケース等に入れておくことも大切です。このようにパイプ付け根からの水漏れでは、ナットの緩みかパッキン・リングの劣化のどちらかが疑われます。いずれにしても自分で対処できる症状ですので、蛇口から水漏れが発生しても慌てずに原因を確かめましょう。

付け替えるパッキンは溝側を本体に向けて接続することを、覚えておいても損はありません。蛇口漏れの修理のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です