オフィスコーヒーには様々なメリットがあります

仕事中にひと息入れたいと思った時にコーヒーを口にする人は多いことでしょう。近年ではオフィスコーヒーを導入している企業も多く、導入することによって、毎日コーヒーを飲むための手間がかからないことや、買い出しに行く必要がなくなるなどのメリットが得られます。またデザインがおしゃれなものも多くオフィスのインテリアにもなり、本格的な味が手軽に味わえることも大きな魅力といえます。業者が定期的に無料でメンテナンスを行ってくれるサービスが多いため、導入したからといってそれほど手がかかるわけではありません。

オフィスコーヒーには実は様々な種類がありますが、その一つが一杯抽出型と呼ばれるものです。飲みたいコーヒーの袋やカプセルなどを設置したうえで、ボタンを押すことで抽出されるものです。その場で焙煎やドリップをしてくれるため、手軽に本格的な味わいを楽しむことができます。一度の抽出で複数杯分のコーヒーを用意できるタイプがブリューワー型と呼ばれるものです。

飲みたいと思った時に注ぐだけなので、いつでも手軽に飲むことができます。しかし味の種類がやや少ないのがネックとなります。そして人気を集めているものが自動販売機型です。社内に自動販売機を設置するものであり、スペースをとりますが、種類の多さや手軽さは魅力といえるでしょう。

多くの企業がオフィスコーヒーを取り入れていますが、このようにさまざまな形態があって、味はもちろんのこと設置方法やコーヒーの入れ方などに違いが見られます。多くのサービスで無料で試すこともできるので、まずは味や使いやすさなどを試してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *