オフィスコーヒーを導入するメリット

オフィスコーヒーを導入するメリットといえば、職場環境の向上やコミュニケーションの活性化です。職場での休憩スペースやカフェコーナー、会議室で使えるようにします。バリスタが淹れたような本格的なコーヒーをオフィスにいて楽しめるのです。それを気軽に味わいながら職場でのコミュニケーションを活性化させます。

コーヒーにはリラックス効果があるので気持ちもゆとりができ、職場での人間関係を温かみのあるものにし、職場環境が向上します。眠気覚しにも効くので、仕事の質も上がります。コーヒーを外に買い出しに行く手間も省け、手軽に利用できるだけでなく、マシンが故障した場合でもオフィスコーヒーメーカーを扱う会社がメンテナンスサービスをしてくれます。来客時にもオフィスコーヒーを提供できれば、顧客にも企業イメージは向上しますし、社員も気軽にコーヒーを淹れることができます。

コーヒーには、豆から挽くものやドリップ式のもの、粉を溶かすものや缶のものなどがありますが、オフィスで一般的なのが3つあります。一杯ずつ抽出する型は、味の種類が色々ある中からお好みのコーヒーカプセルなどを選び、ボタンを押して抽出します。その都度、焙煎からドリップまでしてくれるので、本格的にコーヒーを味わえます。ブリューワー型は、1度に複数杯分を用意できます。

作り置き保存をして、飲みたいときに注ぐことができます。自動販売機型はスペースを取るものの、種類が多く手軽です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *