家庭で楽しむドリップコーヒー

ドリップコーヒーとは、コーヒーを抽出する方法のひとつです。コーヒーを抽出するには、大きくふたつの方法があります。ひとつは「浸漬法」というものです。これはお湯の中にコーヒーを漬けておき、コーヒーをゆっくり抽出するものです。

もうひとつの方法は「透過法」といいます。これはコーヒーの上からお湯を注ぐ方法です。ドリップコーヒーはこの「透過法」にあたります。家庭などでコーヒーを淹れる場合には、もっとも一般的な方法と言えるでしょう。

ドリップでコーヒーを淹れる場合には、ドリッパーに布製または紙製のフィルターを敷きます。缶コーヒーのCMなどで「ネルドリップ」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、あれはドリップにネルの布を使用する方法です。紙の場合は「ペーパードリップ」と呼ばれます。一般的なのは紙を使うペーパードリップです。

ペーパードリップで美味しいコーヒーを淹れるコツは数多くありますが、まずコーヒーの粉を均一にならすことと、その上にまんべんなくお湯を注ぐことです。最初に紙を濡らしたほうがいいという説を耳にしますが、紙フィルターが濡れるとコーヒーが正しく抽出されなくなるので注意が必要です。また最初は沸騰したてではなく90℃程度まで覚まし、お湯を注いでから30秒ほど「蒸らし」の時間を与えるとさらに風味の豊かなコーヒーが出来上がります。ドリップコーヒーは難しいという印象がありますが、何度か試すうちにコツがつかめます。

きちんとドリップしたコーヒーの香りと味は格別なものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *