ドリップコーヒーをもっと美味しく楽しむコツ

ドリップコーヒーは、自宅でも簡単にカフェのようなコーヒーが楽しめることで人気になっています。誰でも気軽に淹れられるのが大きな魅力ですが、ドリップコーヒーを淹れる際にはいくつかのポイントを押さえておくと、もっと美味しく楽しむことができます。まず、お湯を沸騰させたら、85度から90度くらいになるまで温度を下げていきましょう。お湯を沸かしたポットの蓋を外し、1分半程度置いておくと、そのくらいの温度まで下がります。

お湯が熱すぎてはいけない理由としては、熱すぎるお湯で淹れてしまうと、本来は出なくてもよい苦味まで出てしまうことがあるためです。次に、珈琲へお湯を少量ずつ注いで、30秒前後蒸らしていきますが、ここに重要なポイントがあります。蒸らしていく際に、まるでお饅頭のように丸く膨らんだコーヒーに、中心部分からゆっくり「の」の字を書くような感覚で、一気に注がずに数回に分けて上からお湯を注いでいきましょう。また、この時に湯面が見えないようにするのもコツです。

コーヒーがお湯と一体になっているような状態が理想的です。淹れたい分量になるまで抽出した後、ドリッパーにまだお湯が残っていたとしても捨てます。最後までしっかり抽出してしまうと、えぐみが出てしまう恐れがあるためです。ドリップコーヒーを自分で淹れる楽しみの一つは、毎回淹れる度に味が微妙に異なることです。

その日の気温や淹れ方一つで、同じコーヒーでも違った味わいに仕上がるのも魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *