淹れる瞬間からコーヒーを楽しめるドリップコーヒー

最近はさまざまなコーヒーの淹れ方があります。この中でドリップコーヒーは一番簡単な淹れ方ですが、一番コーヒーをおいしく飲めるやり方で奥が深く淹れ方の基礎ともいえるものです。まずコーヒーを受けるサーバーをドリッパーに取り付けます。ペーパーフィルターを引きコーヒー豆を入れます。

コーヒー豆はドリッパーをゆすってできるだけ平らにしておきます。そしてお湯を淹れます。お湯の温度は90度ぐらいが適しています。沸騰したお湯だとコーヒーの苦みが増します。

お湯は基本的に2回に分けて注ぎます。まず最初は蒸らしを目的に注ぎ、次に抽出します。蒸らしはお湯をドリッパーの真ん中に小さい円を描くように少量注ぎます。この時ペーパーフィルターが濡れないように注意します。

ペーパーが濡れると水が邪魔をして、コーヒーの脂成分がうまく抽出されなくなるからです。お湯を注いだら最低30秒は待ってください。この時お湯を含んだコーヒー豆が膨らみ、部屋中にコーヒーの香りが漂うとても癒されるドリップコーヒーを楽しめる時です。こうして蒸らしが終了し、いよいよ抽出です。

真ん中からゆっくり円を描くように注いでいきます。この時、お湯をきらさないようにゆっくり注ぐのがこつです。内側から外側に、外側から内側にゆっくり「のの字」を書くように注いでいきます。コーヒーが膨らんだら一旦注ぐのをやめ待ちます。

ドリッパーの注いだお湯が3分の1程度になったら、再びお湯を注いでいき、決められた分量に達したらドリップコーヒーの完成です。基本の淹れ方できちんと淹れることがドリップコーヒーをおいしくするのに必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *