賃貸管理について知ろう
2019年4月24日

賃貸のポイントは家賃で借主層をコントロールすること

賃貸アパート経営を行う場合には、空室リスクが一番怖いと思っている人は多いと思います。

空室リスクが怖いのは当然ですが、そのリスクを恐れるあまり空室を早く埋めようとして借主を選ばずに埋めてしまうことはもっと大きなリスクを呼び込んでいることもあり得るため注意が必要です。空室が出たら家賃を下げようとするかもしれません。もちろん相場というものがありますから法外に下げることはしないと思いますが、相場の下限まで下げることは検討するでしょう。

しかし、そこまで下げると借主のレベルが下がる可能性があります。大家としては敬遠したい借主が集まってきてしまうのです。具体的には、騒音を出したり部屋を汚したりして他の住人からの苦情が来たり、賃貸料の支払いが悪かったりする借主が入居してしまう可能性が高くなるのです。そのため、空室リスクを回避するための値下げは出来る限り避けるというのが経営のポイントです。同じ家賃もしくは高い家賃でも違ったサービスを付加することで入居見込み者に訴えかけるのです。

例えば、希望の壁紙への張り替えサービスや家具のレンタルなどが考えられます。賃貸アパート経営でもどんな商売でも共通しているのは価格設定が大事ということです。そして賃貸経営における価格設定は、「この賃貸料が払える借主さん来てください」というメッセージになるのです。借主のレベルが安定することによって、自然と退去者が減って空室リスクは回避できることにつながるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *